活性化

プラセンタって何からできてるの?

美容や医療用として注目されているプラセンタ、いったい何からできているのでしょうか?
プラセンタは、http://xn--1cki4e8c6bz634au2ohwi.net/にもかいてあるように
馬・豚・羊などの「胎盤」を原料として作られていますが、化粧品や健康食品に配合されているものは、胎盤そのものが入っているわけではなく、栄養素を抽出したエキスを利用しています。
含まれている栄養素には、アミノ酸、ミネラル、酵素、活性ペプチド、核酸、ムコ多糖類、チロシナーゼ活性阻害物質などがありますが、プラセンタ特有の成分として「成長因子(グロスファクター)」が配合されています。

グロスファクターは、「EGF(上皮細胞増殖因子)」と「FGF(線維芽細胞増殖因子)」に分かれており、顔のハリやツヤ、シミ・しわ・たるみなどを改善する効果があるといわれています。
動物以外に、人間の胎盤から採取した「ヒトプラセンタ」や植物性のプラセンタもあります。
植物に胎盤はありませんが、胚芽がその代わりとなっています。

動物性より植物性の方が安価なため、植物性のプラセンタを使った化粧品や健康食品も販売されています。
ヒトプラセンタは市販されておらず、美容外科、内科、皮膚科などで注射を受けるという形で摂取することになります。
プラセンタと一口にいっても種類が分かれているので、どのプラセンタを選ぶかによって効果が違ってくるようです。

こちらにはプラセンタのサプリメント、スキンケア商品の人気ランキングサイトがあります。
ランキングサイトはとても参考になりますので是非ご覧ください。

このページの先頭へ