活性化

豚の胎盤の特徴

プラセンタには、「馬・豚・羊」などの種類がありますが、最も多く用いられているのは「豚の胎盤」です。
その理由は、豚の胎盤が入手しやすく、安価であることがあげられます。
また、安全性という意味でも利用されているようです。

牛の胎盤がなぜ入っていないのかですが、一時期は用いられていましたが狂牛病問題が発生して以来、牛プラセンタは姿を消しています。
また、羊にも特有のスクレイピー病という病気があるため、日本では羊を使うことがあまり浸透しなかったようです。
豚の胎盤は、人間の胎盤組織とよく似ており、利用しやすいことから多くの化粧品や健康食品などに使われています。

豚だって病気にかかりますが、スキンケア用品で使用される豚の胎盤は、安全基準をクリアしたものだけが使用されます。
なんといって、豚は一度に多くの子供を産むので、安価ですむということがあげられます。
プラセンタエキスをたくさん抽出するには、それなりの数の胎盤が必要になりますから。

ただ、豚よりも有効成分の質が高く、量も多いということで、最近では「馬プラセンタ」に人気が集まっています。
しかし、馬の胎盤は数が少なく価格が高価なことから、入手しやすいということで豚の胎盤が選ばれています。
こちらにはプラセンタと相性の良い成分が紹介されています。
相乗効果でさらに高い美容効果が期待できるそうです。

このページの先頭へ