活性化

細胞を活性化させて若返り

プラセンタ特有の成分である「成長因子(グロースファクター)」は、細胞の増殖をコントロールする働きを持つたんぱく質の一種です。
グロースファクターには、細胞を活性化させる働きがあることから肌の老化スピードを遅くし、皮膚を若々しくするといわれています。
現代では、アンチエイジング(若返り)に効果があるとして期待されています。

グロースファクターの種類には、「EGF(上皮細胞増殖因子)」や「FGF(線維芽細胞増殖因子)」といったものがあります。
EGFの効果としてあげられるものには、顔のハリやツヤ、シミ・しわ・たるみなどを改善する以外に、妊娠線や肉割れ線といったものを薄くする効果も期待できるみたいです。
また、FGFもEGFと同じたんぱく質の一種ですが、こちらは種類が細かく分かれており、働きかける部位により種類が異なります。

種類が多いため「FGFファミリー」などと呼ばれています。
おもに、スキンケア用品に配合されているのは「FGF-1」、頭皮ケア用品には「FGF-7」が配合されています。
EGFは肌の表面に働きかけ、ターンオーバーを促進。

FGFは肌の深くに到達して、コラーゲンを作り出す繊維芽細胞を刺激する働きがあります。
どちらも体内で生成されますが、肌の老化とともに少なくなっていく成分なので、外から補給することが大切です。
こちらでは最近注目されている馬プラセンタについて詳しいサイトがあります。
主流となっている豚よりも栄養価が何十倍も高いそうです。

このページの先頭へ