活性化

プラセンタ注射って?

化粧品や健康食品といった美容目的で利用されているものは、「馬・豚・羊」などを原料としたプラセンタhttp://www.dukeswesthollywood.com/plant.htmlですが、医療用のプラセンタ注射は、人間から採取された「ヒトプラセンタ」になっています。
薬剤は厚生労働省の認可を受けており、美容外科、内科、皮膚科などで扱っています。
費用については、健康保険が適用になるケースとならないケースがありますのでご注意ください。

プラセンタ注射に使われているのは、日本生物製剤が販売している「ラエンネック」とメルスモン製薬の「メルスモン」の2種類です。
ラエンネックは肝機能障害の治療薬として、メルスモンについては更年期障害及び乳汁分泌不全の治療などに使われています。
また、顔のシミ・しわ・たるみなどを防ぐため、美容目的に使用されることもありますが、美容目的で使った場合、健康保険が適用にならない可能性が出てきます。

プラセンタ注射を行う上での注意点ですが、http://www.caden.jp/blood.htmlにもあるように
献血ができなくなるとのことです。
過去にプラセンタ注射を打った人の血液から問題が出たといった例はないようですが、輸血を通しての感染を防ぐのが目的です。
ちなみに、対象となっているのはプラセンタ注射のみで、化粧品や健康食品に含まれているものについては対象外です。
この点を覚えておかれた方がいいように思います。


↑こちらにはプラセンタ注射を行う頻度や適応する保険について、注射による副作用などのリスクがあるのかどうかについて解説されています。
是非こちらのサイトもご覧ください。

このページの先頭へ