活性化

プラセンタの有効成分とは

英語で「胎盤」を意味するプラセンタですが、さまざまな有効成分http://placenta-effect.com/yuukouseibunn.htmlを含むことから注目されています。
胎盤というと、人間の赤ちゃんのものを連想されるかと思いますが、「馬・豚・羊」などと複数の種類があり、植物を原料としたものもあります。
動物性、植物性それぞれについてhttp://www.pghsnax.com/pig.htmlに詳しく解説されていますのでご覧ください。
それぞれについて、プラセンタの有効成分の量は異なります。

最も有効成分が多いと言われているのは「馬プラセンタ」で、含まれているアミノ酸の量は、豚プラセンタの数百倍です。
このように、有効成分の量は違っていますが、ほかに、ミネラル、酵素、活性ペプチド、核酸、ムコ多糖類、EGF(上皮細胞増殖因子)、FGF(線維芽細胞増殖因子)、チロシナーゼ活性阻害物質など、人間の身体にとって有用な栄養素を含んでいます。
とくに、「成長因子(グロスファクター)」という成分は、動物の胎盤にしか含まれていない成分です。

こういった成分は、アンチエージング(若返り)と深い関わりがあるといわれ、医薬品だけでなく、美容や健康関連食品などにも取り入れられています。
そんなプラセンタ製品の種類はhttp://www.thepresidiodialogues.org/torii.htmlで紹介されています。
ところで、植物性のプラセンタについては、「胚芽」が動物性の「胎盤」にあたります。
価格は、有効成分が多く含まれている馬プラセンタが一番高く、植物性のものは比較的安価になっています。
こちらにプラセンタサプリメントの人気ランキングがあります。
是非参考にしてみてください。

▼プラセンタのアンチエイジング効果やダイエット効果についてはこちら。

このページの先頭へ